5月5日(月)まで10、000食限定で宮城県内のローソンで発売中です。税込420円。 このお弁当は平成25年11月4日に行われた「高校生地産地消お弁当コンテスト」に応募された138作品中上位5位以内に入り、さらには優秀賞を受賞した作品です。本校家庭クラブの2年生(当時)菊田紀瑛さん、出羽はるきさん、藤田陽子さんの3人が顧問の阿部久美先生の指導、助言のもと創意工夫してチャレンジ、1時間で4人分の弁当を作るという条件下、農林水産省、宮城県内各ホテルの料理長、宮城大学食産業学部教授をはじめとする錚々たる審査員の厳しい審査を受けて栄えある受賞をしたものです。 食材には宮城県産のさんまを使用したほか、野菜等は学校付近の農家のものを使い、1個当たり300円という制約の中で、ボリュームや味などに気を配って作ったお弁当。その中身は、宮城県産のさんまをハーブダレで漬け込んだものをフライにし、ゆずバターソースで味付け。また、たこを使った洋風たこ飯、仙台味噌を使ったグラタン、ほうれんそうのオムレツ、野菜を豊富に使ったトマトソース仕立てのペンネ等多くの地元食材が使われています。顧問の阿部先生、3人の生徒の皆さんは「是非、多くの皆さまに召し上がって欲しい。さらに美味しいお弁当を作るためにもご意見やご感想をお寄せいただけたらありがたい」と、笑顔で語っていました。

 

161105topics_243