科学部が,伊豆沼でクロモ(水草の一種)の増殖を目指して取り組んでいます。クロモを殖やすことで,水質浄化や生物多様性の復元が期待されています。7月20日(月)にザリガニ防除用のネットを張った枠3基を沼に沈めて,その中にクロモを移植しました。8月5日(水)にその後の状況を確認したところ,クロモは順調に育っていました。今後も継続して観察します。

 

161105topics_157