気仙沼市の無形民俗文化財である色鮮やかな「山田大名行列」の貴重な一般公開。 文政4年(1821)、山田地区に疫病が流行した際、御岳神社に平穏をお祈りしたことが始まりと伝えられており、現在は3年に一度、御岳神社の祭礼に天下泰平、五穀豊穣、無病息災を願って公開されています。 3年に一度の貴重な機会であり、勇壮に練り歩く行列に感動しました。 ※写真は、本校写真部の提供です。

 

161105topics_116