11月5日 (木) 生徒会役員と野球部員が本吉町内の仮設住宅の方々を訪問し、『響米』をお届けしてきました。『響米』は本校の農業科の職員と生徒が心を込めて育てたお米です。米袋には、生徒が美術の授業で作成したオリジナルのラベルが貼られています。本校生徒の思いが、たっぷり詰まった『響米』。「『響米』をお届けして、地域の方々に喜んでいただき、生徒にとって貴重な体験となりました。」”

 

161105topics_109