1/5,科学部生徒が県北のラムサール条約登録湿地での冬鳥の観察を行いました。科学部では伊豆沼での活動に継続して取り組んできましたが,その一環として,蕪栗沼・化女沼・伊豆沼周辺のガン・カモ・ハクチョウ類の観察を行いました。これらの地域は3角形に近接し,「ラムサール・トライアングル」と呼ばれる全国的にも貴重な環境です。1/6にも観察に出かけます。

 

161105topics_082