「第17回高校生国際美術展」に美術部の吉田鈴香さん(3年)の作品『細い路地』が奨励賞、小野寺玲奈さん(3年)の作品『15℃』が佳作を見事受賞しました。 本展は全国から出品された高校生の美術作品総数1731点の中から佳作152点、奨励賞121点などが選出される展覧会で、日本のみならず海外の高校生作品も共に飾られるという国際色豊かな美術展です。 奨励賞以上の作品は東京都六本木にある国立新美術館で6月22日(水)から7月3日(日)まで展示され、吉田鈴香さんの作品も会場に飾られました。 小野寺玲奈さんの作品『15℃』は窓際に座る女子生徒を描き、背景にはドリッピングでたらし込んだ様々な色彩が高校生の葛藤を描いています。 吉田鈴香さんの作品『細い路地』は砂を固めた凹凸のあるマチエール(下地)に古きよき街の路地を幻想的に描きました。 出品・受賞した2点の作品は今後校内にも展示しますので、是非ご鑑賞ください。

 

161105topics_023