宮城県本吉響高等学校

カテゴリー: トピックス Page 1 of 28

5月10日は開校記念日

 本日5月10日は,開校記念日です。今年71年目を迎えました。昨年11月11日に学校創立70周年記念式典を行い,地域に根ざした,さらなる飛躍を誓いました。

 本日,開校記念日を祝し,本校創設の起源を把握すると同時に,今後も皆さんと一緒に力を合わせて新しい歴史を刻んでいきましょう!
 本校は,これまでに11,113名が巣立ち,以下①~④と校名変更を重ね,地域に優秀な人材を輩出してきました。同窓生は,全国各方面で活躍しています。

 

昭和21年4月16日 旧本吉郡津谷町に①宮城県津谷農林学校(町立)として開校
    同年5月10日 開校式挙行 定員:農林科男子50人,女子40人(1学年)

 

 終戦直後,食料や生活物資が不足する極貧の中で,町の将来を真剣に考えた末に産業振興を図るための教育が求められ,町民の懇願の基に地域発展のための人材育成がスタートしました。学校下の津谷川に架かる橋の名前が「学園橋」ということからも町民の期待感がうかがえます。

 

昭和23年 宮城県に移管され,②宮城県津谷農林高等学校と改称
  定員:農林科(男子)50人,農村家庭科(女子)40人
     定時制課程:農業科・家庭科・普通科の合計120人 <大谷分校あり>

*町から,町の北側に位置する愛宕山の南斜面約85.8haを寄付され, 学校演習林(学校林)としては全国で2番目に広い面積を誇っていた。昭和55年まで植林が続けられ,日本学校植林コンクール特選入選をするなど全国にその名を とどろかせた。校門を入って右側の学校植林コンクール特選記念碑がその証です。

 昭和24年 通常課程(全日制)普通科 定員:50人<1学年(男女共学化)>

 昭和48年 ③宮城県津谷高等学校と校名変更 定員:農業科男女共学40人,普通科も昭和57年には4クラスまで増加

 昭和61年 農業科を廃止,産業技術科へ

 平成11年 総合学科に改編と同時に④宮城県本吉響高等学校と校名変更

 

◎校訓:「響生」「知性」「至誠」について
 「至誠」は津谷農林高等学校創設時の校訓のひとつである「至誠一貫」を継承しています。本校創立当時から,誠のこころをもって自然や人と調和しながら生き,知性を身につけ情報に通じ積極的に行動することで生徒ひとりひとりの自己実現を図り,地域の明るい未来を切り開く人材に育って欲しいという切なる願望が込められています。

 昔も今も本校は地域から愛され期待されています。皆さんの保護者だけでなく,地域の方々があなたたちを見守り,常に応援してくれています。常日頃の心のこもった挨拶と優しく思いやりのある行動が本校生徒の持ち味であると確信しています。本校生としての誇りを持った高校生活を送ってください。

 時間は限られていますが,可能性には限りはありません。皆さんの夢実現に向け,知性を身につけ,将来郷土に貢献できる人間になって欲しいと心から願っています。結びに皆さんの今後益々の活躍と学校の発展,地域の復興を心から祈念しています。(校長 會田 敏)

東日本旅客鉄道株式会社より感謝状の授与

3月24日(金) 東日本旅客鉄道株式会社より感謝状を本校農業クラブが授与されました。授与された理由は長年にわたるBRT本吉駅の植栽活動に対しての表彰でした。この活動は、津谷高校時代から脈々と受け継がれているものです。今後も、この活動を通じて、地域に貢献していきたいと思います。

H28 修業式・・・気持ちを新たに!!夢実現!!

 3月24日(金)修業式が挙行されました。會田校長先生からは、この1年を振り返るとともに、来年度に向けた目標をお話しいただきました。

 全ての生徒が、自分の目標をしっかりと見据え、取り組む1年にしてほしいものです。

「第18回ふるさとマンガ作品展」に4コマ漫画の部・短編・長編漫画の部で最優秀賞を受賞

4コマ漫画の部

最優秀賞 1年 三浦奏

優秀賞  3年 小野寺玲奈

佳作   3年 小野寺湧  1年 鈴木優里

短編・長編漫画の部

最優秀賞 1年 佐々木七海

優秀賞  1年 佐藤華絵  1年 小野寺穂垂

佳作   3年 吉田鈴香  1年 小野寺由莉

受賞・出品された作品と、歴代の美術部制作雑誌『ヒビビ』が登米市の石ノ森章太郎ふるさと記念館にて3月12日まで展示しています。今回出品した作品は、昨年の文化祭にむけて制作された美術部制作雑誌『ヒビビ』特大号にも掲載されているものです。美術室前と図書室の『ヒビビ』特設コーナーでも読むことができます。ぜひご覧ください。

平成28年度 「高校生のためのものつくり企業見学会」 2年次

進路意識の高揚の目的に、4コースに分かれ「ものつくり」を見学してきました。見学させていただいた企業は次の通りです。

・東京理化機械工業株式会社        ・イタバシニット株式会社

・フィッシュカッターツネザワ         ・気仙沼高等技術専門学校

・株式会社 足利本店              ・株式会社 八葉水産

・株式会社 フジミツ岩商                                  ・気仙沼ほてい株式会社

・小宮山印刷工業株式会社                             ・三光化成株式会社

・迫リコー株式会社              本当にありがとうございました。

廊下の壁の補修・・・放課後、「チーム響」で取り組む

 3月6日(月) 16:50~34名の生徒達が一斉に生徒棟1階から4階までの壁の補修を行いました。19:00までかかった作業でしたが、見違えるほど美しい仕上がりとなりました。これからも生徒みんなで、校舎を大切にしましょう。本当にご苦労様でした。

1年次 気仙沼「水産加工業」を見学 郷土愛を深める

 3月2日(木)1年次において、気仙沼の水産加工業の実際を見学し、地元産業の理解を深めた。見学先は、(株)かわむら気仙沼工場・(株)加和喜フーズ本社工場・株式会社ミヤカン・気仙沼ほてい(株)を見学させていただきました。自分の進路だけではなく、気仙沼を再認識する良い機会となりました。ありがとうございました。

今、別れの時・・・涙・・・涙の卒業式

 卒業式・・・卒業生は希望と不安を持ち合わせながらも、輝く笑顔と涙を最後に響高校を巣立っていきました。みんな本当に素晴らしい生徒達でした。頑張れ卒業生・・・卒業してもみんなはチーム響の一員です。

 

インドアソフトテニスin気仙沼大会(ソフトテニス)

  2月5日(日)気仙沼市総合体育館「ケー・ウェーブ」にて,第16回インドアソフトテニスin気仙沼大会が行われました。社会人が多く参加する中,熱い戦いを繰り広げ,見事女子の高橋紗耶(1年)・及川侑紀(2年)ペアが個人で準優勝することができました。

 応援してくださった生徒,保護者,地域のみなさま,ありがとうございました。

 

H28 本吉響高校クリーアップ作戦

1月29日(日)本吉響高校クリーアップ作戦が昨年に引き続き今年も実施されました。この本吉響高校クリーアップ作戦は、3年生の保護者が中心となり、子どもたちが学んだ校舎にご恩返しの意味もふまえての清掃活動でした。当日は多くの保護者の方々や先生方・生徒達によって、きれいな校舎に生まれ変わりました。本当にありがとうございました。

 

HP